乳首の黒ずみの原因

乳首の黒ずみの原因と言われているメラニン色素とは?

乳首の黒ずみの原因と言われているメラニン色素とは、紫外線から肌を守ってくれる大切な役割をしているものです。

 

メラニン色素があることで、細胞が死んだり皮膚がんを引き起こすのを防いでいるのです。メラニン色素は、細胞の奥まで紫外線が届かない働きをしています。メラニン色素が乳首の黒ずみの原因になるのは、紫外線や外的刺激から皮膚を守る役割があるからで、乳首のようなデリケートな部分ほど、メラニンが色素沈着を起こしやすいのです。

 

だから黒ずみやすくなるのです。

 

メラニン色素は乳首などのデリケートな部分に多く集まる傾向にあります。乳首は直接紫外線にさらされることはないので、メラニン色素は関係ないと思いがちですが、実は服を着ていても紫外線の影響は受けるのです。また、紫外線だけでなく、下着の摩擦もメラニンが増える原因になります。

 

乳首はデリケートな部分なので、衣服や下着で擦れるとメラニン色素が生成されやすくなります。手で引っ掻いたり強く擦りすぎても乳首にダメージを与えることになり、結果、メラニン色素の生成につながってしまうのです。